陶芸工房 楽蔵ホームページ

top

ロクロ体験イメージ

ぬまロクロ体験説明

ろくろ体験の流れ

ろくろ体験の準備

まずはカタチを決める!
何を作るかって始めに決めることはとても大切です。回転するから上から見れば当然「円」になってる。でも横から見たら形はさまざまなのだ。
茶碗でも「ぷっくら丸いもの」「口縁が開いたもの」「底から真っすぐに立ち上がったもの」などイロイロ。しっかり作りたいカタチを決めよう!
ろくろイメージ
陶器のいろいろ

ろくろ体験について

楽蔵の場合は一度「お皿状」にしてから、手の中で包み込んで器のカタチを作っていきます。
ろくろの写真
薄く伸ばすことも体験するけど、自分が想い描くカタチを手の中で作り上げる面白さをしかりと味わってください!
ぬまロクロ体験説明2
ろくろでの作陶風景

ろくろ作りの仕上げ

皆さんが作った器をスタッフが仕上げます。作った時はやわらかくて触れなかった作品は
削り風景
自然乾燥させて底をしあげます。その後1回目の焼成の素焼きをして釉薬をかけます。そして2回目の焼成の「本焼き」をしたら完成となります。
ぬまロクロ体験説明3
仕上げの流れ
スケジュール
体験風景1